読書帳

読んだ本の超簡単な紹介・くだらない考察など

半藤一利『昭和史 戦後篇』(2)

 

2ヶ月以上更新していなかった。反省はしてない。せっかく始めたのだから多少間が空いても続けようと思ってまた書くことにした、ただそれだけのことである。

 

 

今日は日本国憲法の制定と東京裁判(日本の戦争指導者の裁判)のあたりを読んだ。

 

内容:

 

・戦争が終わり、憲法(日本の新しい国家運営のルール)を決めなくてはいけなくなった。

 

GHQは、とりあえず日本人で新しい憲法草案を作ってみろと言った。そこで日本人で草案を作ったが、前の憲法と同じく天皇主権で天皇のやることは絶対!みたいな内容だったので、GHQはこいつら何も反省してないと激怒し、結局GHQで草案の9割方は作られることになった。主な内容は「天皇制は残すが天皇は政治権力を一切持たず民主主義にする」、「軍隊は持たない」、「皇族以外の特権階級は廃止する」。

 

・日本政府はこれに拒絶反応を示したが、GHQ側が48時間以内に承諾しろ、さもなくば天皇の身柄も危ないぞと強硬だったのでやむなく受け入れることにした。国会で野党から追及された吉田茂(政府の大ボス)は「もともと日本は天皇も国民もみんな一心同体なんだからどちらに主権があるとかは大事なことじゃないです、新しい憲法でも無問題です」的なことを言って押し切った。その後、ほぼGHQの内容通りの草案が国会に提出され可決された。

 

天皇が生き残ることは確約されたものの、実質的な戦争指導者(A級戦犯)の責任を追及する裁判(東京裁判)が始まった。

 

・裁判の検事団のメンバーはGHQが決めた。アメリカ、イギリス、ソ連、中国、オーストラリアなど、日本の敵国だった国々から検事が選ばれた。裁判官もこれらの国から派遣された。弁護団は日本人中心だった。弁護人の一人だった清瀬一郎は、開廷直後、「裁判長はオーストラリア人だ。敵国の人間が裁判官をやるのは不公平だ。裁判官を替えろ」と主張したが、裁判長はこれを拒否した。

 

A級戦犯28人が全部で55個くらいの罪名で裁判にかけられた。とりわけ中心的な罪名は「共同謀議」だった。裁判では、全て自分が悪かったと供述する者もいれば、あいつが悪かったと次々に証言する者もいた。結局、全員が何らかの罪で有罪判決を受け、そのうち東条英機(開戦を決定した内閣の首相)ら7人が絞首刑になった。誰を絞首刑にするかは11人の裁判官の投票で決まった。

 

 

こうさつ:

・「押しつけ憲法論」は今でもよく主張される。今の憲法はアメリカに押しつけされたものなのだから自分たちで作り直さないといけないと、その正当性を疑うのである。ただ、オレはその主張には疑問がある。確かに草案を作ったのはアメリカ人だが、最終的に国会で可決された点が重要だと思う。国会議員がアメリカの顔色を窺って可決したのではないかとも思われるが、この国会議員たちは、新しい選挙制度(二十歳以上の全ての男女たる有権者)によって新しく選ばれたメンバーであり、戦前の限られた有権者による選挙とは違う。しかも、憲法草案の内容は、前の憲法に比べ人権の拡大や国民主権、おまけにもう戦争はしないという国民にとっては有り難すぎる内容が含まれている。これを「アメリカの顔色を窺って」可決したのか、それとも本当に望んで可決したのかは明らかだろう。作ったのはアメリカ人でも、それを自ら望んで可決したのであれば、今さら押しつけ憲法などと言い出すのはやや虫が良すぎる。

 

・ただ、オレも今の憲法がベストだとは思わない。70年以上もこの憲法を使い続け、時代に合わない部分が出てくるのは当然である。普通に考えて「軍事力をもたない」と憲法に書いてあるのに思いっきり自衛隊保有しているのは矛盾している。ならばそういう部分の規定を個別に変えていけばいいだけだと思う。

 

東京裁判が不公正な裁判だったことは多くの人がヒステリックなくらいに主張している。確かにお説ごもっともである。勝った人間が負けた人間を裁くのはどう考えてもフェアではない。また、裁判の内容に戦勝国の間の権力闘争の香りが微妙に反映されているのもおかしい。

 おかしいのだが、オレはもう、東京裁判は裁判なんてものではなくて、禊(みそぎ)を払う儀式のようなもので、ある意味しょうがなかったと考えるほかないと思う。なまじ裁判などという公的手続っぽい外観をしているから上記のようなおかしさが際立つだけで、要は一番悪かったと思われる人間数名に責任をとってもらって世論のガス抜きをするイベントだったと思うほかない。法的に誰が悪かったのかを決めてもキリがない。今も昔も日本社会は、誰が言いだしたのかよくわからないことを(それがおかしな内容だったとしても)雰囲気的に進めざるを得ない空気になっていって、気づけば後戻りできなくなっていることが多い。おそらく戦争もそうやって始まったのだと思う。ヒトラーのような強力なリーダーシップやカリスマ性をもった人間は日本にはいない。賀屋興宣(かや・おきのり。開戦当時の大蔵大臣=戦争の予算編成責任者)のWikiを読むと、賀屋は、『軍部は突っ走るといい、政治家は困るといい、北だ、南だ、と国内はガタガタで、おかげでろくに計画もできず戦争になってしまった。それを共同謀議などとは、お恥ずかしいくらいのものだ』と語ったという皮肉が載っている。誰が悪かったのかと言われれば、一定以上の役職にあった人間は全員悪いと言わざるを得ないのだろう。でも、そんな何百人、何千人を全員処刑するわけにはいかないし、かといって誰の首もはねないのは世間が許さない。だから、言い方はおかしいかもしれないが、一番いい落としどころとして7人が選ばれて処刑されたのだと思う。確かに手続的にはアンフェアだったが、どのような形の「裁判」をしても落としところは変わらなかっただろうと思う。

 

・めちゃくちゃ長文になってしまった。ネトウヨにだけはならないように気をつけたい。

 

おわり